• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 胸の筋肉「大胸筋」の鍛え方。ダンベルを使ったトレーニングメニュー│テクノジムが教える自宅筋トレ

胸の筋肉「大胸筋」の鍛え方。ダンベルを使ったトレーニングメニュー│テクノジムが教える自宅筋トレ

 雨や雪などの悪天候時や、外に出かけられない日は、自宅トレーニングに切り替える人も多いことでしょう。そこで、家でできる筋トレの正しいフォームとやり方、鍛えられる筋肉の部位、効果を高めるポイントを、高級フィットネスマシン・ブランド「テクノジム」の専属トレーナーが解説します。

 今回は、ダンベル器具を使ったベンチトレーニング「大胸筋」の鍛え方について。胸の筋肉のほか、肩の筋肉「三角筋前部」と、腕の後ろ側の筋肉「上腕三頭筋」も鍛える種目です。

大胸筋を鍛えるダンベルエクササイズ

鍛えられる部位

大胸筋
三角筋(前部)
上腕三頭筋

やり方(手順)

1.ダンベルを持ち、ベンチに仰向けになる。
(仰向けになるとき、ダンベルを無理な姿勢で持つことは避ける)
2.胸の上にダンベルを持ち上げる。
3.胸の横へ肘がくるようにゆっくりとダンベルを下ろし、再び胸の上へ戻す。
4.この動作を反復する。

回数や時間

15~20回、2~3セット

効果を出すためのポイント

・下ろしたとき、胸の筋肉が少し伸びていることを感じてから持ち上げる。
・動作中は、ダンベルから手首、肘が一直線上になるようにダンベルを持つ。
・筋肉を動かす範囲は狭くなるが、マットをひいた床に仰向けで行ってもよい。

こちらもおすすめ:大胸筋を鍛える筋トレ「ベンチプレス」を解説。インクライン、デクライン、ワイドグリップ、ナローグリップのフォームとやり方

[プロフィール]
高杉裕太(たかすぎ・ゆうた) テクノジムエデュケーション部トレーナー

記事協力
・テクノジム ジャパン株式会社
・公式サイト https://www.technogym.com/jp/

<Text:編集部/Photo:テクノジム、Getty Images>

編集部オススメ特集

オススメ連載

ランキング

  • 最新