• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

自重トレーニングの負荷を高め、筋トレ強度も高まる。「重量ベスト」の効果とワークアウト (1/2)

 ランニングや腕立て伏せ、懸垂、スクワットなどのいわゆる自重トレーニングは、筋持久力や心肺スタミナを向上させるおすすめのメニューです。場所を取らずに手軽に行うことができるうえ、長時間の有酸素運動として取り入れやすいでしょう。そのため、ダイエットが目的の人にも向いています。

 しかし、自重トレーニングはバーベルやダンベルを用いるフリーウェイト、あるいはスポーツジムにある専用器具を用いるマシントレーニングのように、重量で負荷を調整することができません。自重トレーニングの長所をそのまま生かし、短所を補う器具の1つが「重量ベスト(ウエイトベスト)」です。

重量ベストのメリット

1.重量が調節可能

 プレートを詰め替えるタイプの重量ベストは、重量を簡単に増やしたり減らしたりできます。そのため、ワークアウトの種類によって重量を調整する、また負荷を段階的に高めることが可能です。

 このタイプでは、重さ約1キロのプレートをポケットに詰め替えて総重量を調整します。写真のものであれば、最大20キロまで可能です。

2.動きを制限しない

 重量ベストのもう1つの利点は、ワークアウトを行う際に両腕両足を自由に動かせることです。シンプルな例でいうと、自重スクワットも、重量ベストを着用して行えば負荷を高めることができます。バーベルやダンベルを担ぐスクワットとは異なり、両腕両足の動作そのものは変わりません。胴体に着用したベストによって、負荷のみを高めます。これは、歩いたり走ったりするような動作でも同様です。

次ページ:重量ベストを活用したワークアウト“Murph(マーフ)”

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード