• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

上白石萌歌×いだてん。「前畑がんばれ」がプレッシャーにも活力にもなったから偉業が生まれた:インタビュー後編 (1/3)

 日本人初のオリンピアンとなった金栗四三と、1964年の東京オリンピック招致に尽力した田畑政治を描いた、宮藤官九郎さん脚本によるNHKの大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』。

 第1部では日本の女子スポーツの黎明期が描かれましたが、第2部に入り、ついに日本人女性初の金メダリストが誕生します。その名は、前畑秀子(演:上白石萌歌)。彼女は「前畑がんばれ」の実況でも有名な、伝説のスイマーです。

 今回、前畑秀子を演じる上白石萌歌さんを囲んだ合同インタビューが実施されました。役作りのため、体重の増量に挑戦したという上白石さん。インタビュー後編となる今回は、水泳が趣味という祖母との思い出、また阿部サダヲさん(田畑政治 役)との撮影秘話なども明かしてくれました。

《あわせて読みたい》
●上白石萌歌×いだてん。日本女子初の金メダリスト前畑秀子を演じる覚悟と決意:インタビュー前編

[プロフィール]
●上白石萌歌(かみしらいし・もか)
2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。2011年の第7回「東宝シンデレラ」オーディション、史上最年少10歳でグランプリ受賞。女優デビューは、2012年のドラマ「分身」(WOWOW)。『義母と娘のブルース』(TBS系)、『3年A組―今からみなさんは、人質です―』(日本テレビ系)などの多くのドラマに出演。映画『羊と鋼の森』(2018年)で、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。アニメーション映画『未来のミライ』(2018年、細田守監督)では主人公の声を担当。2019年4月より、TBS系列「A-Studio」でサブMCを務める。

●前畑秀子(まえはた・ひでこ)
「前畑、がんばれ!」の実況で有名な伝説のスイマー。専門は200メートル平泳ぎ。1932年ロサンゼルス・オリンピックで銀メダル、1936年ベルリン・オリンピックでは日本人女性初となる金メダルに輝く。負けず嫌いで毎日2万メートル近く泳ぐ努力家であったが、天真爛漫で無邪気な性格ゆえに、周囲からのすさまじい期待に翻弄される。

【あらすじ】第36回「前畑がんばれ」(9月22日放送)
ロサンゼルス・オリンピックの雪辱を期す前畑秀子(上白石萌歌)は、経験したことのないプレッシャーと闘う。日本国中から必勝を期待する電報がベルリンに押し寄せ前畑を追い詰める。レースを目前にアナウンサーの河西三省(トータス松本)が体調を崩すが、田畑(阿部サダヲ)は前畑勝利を実況すると約束した河西の降板を断固拒否する。そして迎える決勝。ヒトラーも観戦する会場に響くドイツ代表への大声援。オリンピック史に残る大一番が始まる──。

祖母に報告したとき、すごく喜んでくれた

――前畑さんはオリンピックには、ロサンゼルス(1932年)とベルリン(1936年)の2回、出場します。どのような違いがありましたか。

オリンピックのシーンはまとめて5日間くらいの時間をかけて、愛知県で撮影しました。演者のいる場所、時間は変わらないけど、前畑さんの大会に対する思いは格段に違ったと思います。特に、ロス後の壮行会で「なんで金メダルを獲れなかったんだ」という思いがけない言葉をかけられたときは、御本人も悔しい思いをしたでしょう。前畑さん自身は、ロスの銀メダルで満足していて、あとは普通の女性に戻って嫁ぐつもりだった。そんな結婚願望を一旦、捨ててまで4年間、血のにじむ思いをして練習をして臨んだのがベルリンです。やはり、相当な思いがあったと思います。

私の祖母は、最近まで水泳をしていました。だから祖母に「前畑秀子さんを演じることになりました」と報告したとき、すごく喜んでくれた。前畑さんは祖母の時代に輝いていた女性。その意味では、恩返しできたかなと思っています。私も、もともと水泳を習っていました。大会に出るほどではありませんが、よく祖母が練習を見にきてくれていて。私の平泳ぎについて「伸びが足りない」と注意されたこともありました(笑)。厳しいな、と思いました(笑)。

――お祖母さんのアドバイスは役立ちましたか。

前畑さんの泳ぎは、今の泳ぎ方とは違って、あまり伸びてはいけないんです。当時は、平泳ぎという名前でもなかった。瞬発力でガンガン前に進んでいく泳ぎでした。最初、伸びを意識して泳いでいたら、そうじゃないよと演出の方から注意されて(笑)。

――水泳競技は小さい頃から?

小学3年生まで水泳は苦手でした。きっかけは、祖母が泳げるのに私が泳げなかったのが悔しかったから。4年生になったときに「私もやりたい」と祖母に言って、同じスイミングスクールに通わせてもらって。夏の強化練習にも行きました。

――そこで習った泳ぎとは違った?

撮影で求められた泳ぎは全然、違いました。名前も平泳ぎではなかった。呼吸のしやすさとか、瞬発力とか、とにかく力強いんです。前畑さんの当時の映像を見て、飛び込みの速さもひとりだけ違うし。そんな資料がいまも残っていて、見ることができたのがヒントになりました。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード