• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【速報】Apple「GymKit」がついに日本上陸!Apple Watchとフィットネスマシンのリアルタイム連携を実現

 Apple(アップル)は3月15日、スマートウォッチ「Apple Watch」とフィットネスマシンの連携を実現させた新たなテクノロジープラットフォーム「GymKit」(ジムキット)の提供を日本でスタートしました。同日、24時間年中無休のフィットネスジム「エニタイムフィットネス(ANYTIME FITNESS) 恵比寿店」を国内導入第1号店として発表しました。

Apple Watch⇔フィットネスマシン間で、リアルタイムにデータが同期

 「GymKit」は、2017年6月のApple 世界開発者会議 (WWDC)で発表され、2017年9月に配信された「watchOS 4」から新たに追加。スポーツジム・フィットネスジムなどにあるフィットネスマシンと、Apple Watch(watchOS 4にアップデートしていることが条件)を連携することで、走行距離や時間、ペース、速度、傾斜、登った階数といったトレーニングデータをはじめ、消費カロリー、心拍数などをリアルタイムで共有し、記録できるというもの。このように、スマートウォッチとフィットネスマシンの間でデータがシームレスに同期されるテクノロジーは、Appleによると業界初とのこと。

 「GymKit」のスタートに際してAppleは、Life Fitness(ライフ・フィットネス)、cybex(サイベックス)、StairMaster(ステアマスター)、TECHNOGYM(テクノジム)、SCHWINN(シュウィン)、STAR TRAC(スター・トラック)といったフィットネスマシンメーカーとパートナーシップを結んでいます。Appleによれば、今回の協力メーカーをあわせると、世界のマーケットにおける約80%を占めるそう。「GymKit」は、現在、アメリカ、イギリス、オーストラリア、中国、香港でもすでに提供が開始されています。

 「エニタイムフィットネス 恵比寿店」で国内メディア向けに公開されたマシンは、Life Fitness社のもので、トレッドミル、インドアバイク、エリプティカルトレーナー、ステッパーの4種類の有酸素運動マシンに導入されていました。なお、世界26ヶ国・3,800店舗以上で展開するエニタイムフィットネスは、2018年1月末で国内での店舗数は300以上に及びます。

▲「GymKit」に対応したフィットネスマシン

▲フィットネスマシンのモニターの右下に「Apple Watch」の文字がある

 今回の取り組みについて、エニタイムフィットネスの日本におけるメインフランチャイザーである、Fast Fitness Japan 代表取締役社長COO 土屋敦之氏は、「GymKit導入は会員の方の快適さをさらに高めるサービスであると考えています。当社の採用するLife Fitness社のマシンによって、Apple GymKit対応にできることを喜ばしく思います。Apple GymKitは、当社の会員のみなさまにとって、トレーニングを行う上での有効性と効率性を同時に高めてくれる画期的なイノベーションであると捉えています。ジムでも日常生活でも運動や健康状態をモニタリングする中でこのようにジムでもApple Watch が簡単に使えるのはお客さまにとっても喜んでいただけると思います」とコメントを発表。

 また、LifeFitnessの社長を務める、Jaime Irick氏も「LifeFitnessは世界でトップのマシンメーカーです。世界中のフィットネス愛好家の方、フィットネスクラブ、そしてパートナーの方々にとってベストなフィットネスのプラットフォームであることを常に目指しています。その3者にとってGymKitのテクノロジーは最高の成果を提供してくれるものだと考えています。LifeFitness のマシンでは年間10億のワークアウトが行われており、今後この多くがApple GymKitで使われるだろうと考えています」とのコメントを寄せています。

実際に体験してみた!

 Apple Watchと「GymKit」対応フィットネスマシンとの連携について、実際に体験できたので、その模様もお届けします。使い方は、順番に以下の通りです。

①フィットネスマシンのモニターに付属する「NFC」という部分に、Apple Watchをタッチ。すると、Apple Watchがブルッと振動し、同期を促す画面が現れるので、それに応じると同期が完了します。
※このとき、iPhoneの「ウォッチ」アプリの「ワークアウト」で、「フィットネス機器を検出」の項目を有効にすることをお忘れなく!

②その後は、フィットネスマシンのモニターを見ながら、いつものようにトレーニングを開始するだけ。その際、ランニング中に、腕を上げてApple Watchの画面を確認すると、データが計測されているのが分かりますし、同じデータがフィットネスマシンのモニターにもリアルタイムで表示されています。

GymKitのポイントは?

●通信については、最初の同期は「NFC」、トレーニング中の同期は「Bluetooth」を活用しています。

●トレーニングを開始する際に、上記①の動作を忘れてしまった場合は、トレーニングの途中、もしくは終了後に、同じようにタッチをすれば、同期が完了。タッチをした前のデータもすべて、記録されるそうです。

●トレーニングデータは、フィットネスマシンが停止した時点で、マシンからは完全に削除。フィットネスジム、フィットネスマシンメーカー、Appleの各社が、そのデータを所有することはなく、データはすべてユーザーのみがアクセスできるものになるとのこと。

●Apple Watchとの連携は、非常にサクサクしたもので動きは軽快。ライフフィットネス社のフィットネスマシンであれば「GymKit」が導入されている可能性があるようなので、読者のみなさんが普段通っているジムのマシンをチェックしてみると良いかも。もし導入されていなくても、今後もさらに、導入するスポーツジム・フィットネスジムは増えることになるそうなので、期待しましょう!

▼あわせて読みたい

スポーツ&ヘルスケアでかなり使える。進化した「Apple Watch Series 3」の便利な新機能を総まとめ【体験レビュー】 | 健康, 趣味×スポーツ『MELOS』

<Text & Photo:編集部/Photo:Apple>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード