• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

子どもの姿勢の悪さは「教育」が影響している。姿勢をよくする矯正ストレッチを解説 (1/2)

 最近、姿勢の悪い子どもが多く目につきます。教育現場にいる筆者は園児たちと触れ合う機会がありますが、すでに姿勢の悪い子が少なくありません。また、大学生と高校生の講義授業を受け持っていますが、立位姿勢が悪いだけでなく、座位姿勢も悪い子どもがとても多いようです。

 中には机と頭が10cmと離れていない学生がいたり、横長の紙を配ったはずが縦置きにして体をねじりながら書いている学生がいたり……。部活動などでは親子を同時に見る機会もありますが、姿勢も親子で似ていると感じます。子どもの姿勢を見直すとともに、自分の姿勢も見直してみませんか?

姿勢教育は小さい頃から始めるべき理由

 姿勢教育は子どもが小さい頃から始めるべきです。なぜならば、最初のうちは筋肉に左右差があるだけだったものが、その横にある骨に不均等に力がかかり続けることで、骨の歪みへと繋がってしまうから。骨が未熟な子どもの時期には、影響を受けやすいでしょう。また、筋肉は関節をまたぐようについています。そのため、関節の可動域が左右大きく異なってしまうのです。将来つらい思いをしないためにも、小さいうちから気をつけた方がいいでしょう。

 発達の観点から見ても姿勢教育は大切です。小さい頃の筋肉は、おもに遅筋繊維が発達します。姿勢に関わる筋肉は持続的に力を発揮することが求められるため、この遅筋繊維が重要となってくるのです。そのため、小さい頃から姿勢が変わるような遊びをしたり、姿勢を正して姿勢筋に刺激を与えておくとよいでしょう。

よい姿勢とは

 それでは「よい姿勢」を確認しましょう。

立ったときの正しい姿勢

 まず立ち姿勢からです。後ろから見たとき、「後頭部(後頭隆起)」「背骨(椎骨棘突起)」「お尻の割れ目(殿裂)」「膝の間(両膝関節内側の中心)」「内くるぶし(両内果の中心)」にかけて、左右にずれていないこと。

 横から見たときには、「耳たぶ(耳垂)」「1番先にある肩の骨(肩峰)」「腰骨の下の出っ張った骨(大転子)」「膝の裏(膝関節前部・膝蓋骨後面)」「外くるぶしの5cm前(外果の約5cm前部)」が一直線になっていることが重要です。

座ったときの正しい姿勢

 次に座った姿勢です。横から見たときに、「耳たぶ(耳垂)」「1番先の肩の骨(肩峰)」「お尻の下の骨(坐骨結節)」が一直線になることが大切です。

 立った姿勢・座った姿勢で姿勢が悪くなるのは、背中が丸まった状態。しかし背中が悪いのではなく、その土台となる骨盤が後ろに倒れてしまう骨盤後傾の状態が原因です。

 よく「姿勢を良くしましょう」と言われると、胸を張って背中を伸ばします。しかし本当は骨盤を前傾させて、結果的に胸や背中が治るようにしなければ、すぐに悪い姿勢に戻ってしまいます。また、このとき腹筋が弱いと、骨盤が後傾しやすくなります。そのため、大人は腹筋のトレーニング、子どもは姿勢がいろいろと変わる遊びを取り入れることで、腹筋も刺激され、姿勢が良くなってくるでしょう。

関連記事:
猫背を改善!姿勢を根本から正すためのストレッチ3選
「腹筋ローラー」の正しい使い方!お腹を引き締めたい人におすすめの簡単エクササイズも紹介

骨盤と腰を動かすエクササイズ

 両手・両膝を着いた四つん這いの状態で、背中を丸めたり反ったりしましょう。

 幼児に行うときには、背中を丸めるときには「ボール、コロコロ」と言わせ、背中を反るときには「ネコ、ニャー」と言わせています。このとき、イメージしやすいように「背中」と言いましたが、実際は腰・骨盤を動かすように行ってください。また、立った状態でもやってみましょう。腰に手を当てて、腰・骨盤を後ろに倒して背中を丸める動作「ボール、コロコロ」、腰・骨盤を前に倒して腰を反る動作「ネコ、ニャー」を行います。

次ページ:できない人の2パターン

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード