• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「朝からだるい……」。疲れがとれない、疲労回復しない人に役立つ知識 (1/5)

 連休明けや月曜日の朝は、なんとなく体の調子が悪い、寝だめをしたはずなのに眠い、仕事が始まると思うと気分が落ち込むという話はよく聞きます。たいていは憂うつな月曜日を乗り越えればリズムを取り戻すことが多いのですが、なかには疲れが回復せずどんよりしたメンタルで過ごしている人も。今回はなんだか疲れが取れないときに知っておきたい知識と対策方法を、いくつかご紹介します。

まずは睡眠を確保しよう

 疲れがとれない、理由もなくイライラする、無性に落ち込むといった心とカラダの不調を感じたら、まず睡眠をきちんと摂れているかチェックしましょう。眠いときとお腹が空いているときは、普段より調子が悪く感じられるものです。

記事を読む:疲れの原因は "睡眠不足" がトップ。みんなの疲労対策は?

◆日本人は睡眠が足りない

 理想の睡眠時間は個人によって異なるため、何時間寝れば完璧! という断言はできないのですが、だいたい7時間~8時間あたりが理想とされています。ちなみに日本人は睡眠時間が少ないと言われており、さらには睡眠の質もよくないという結果が、心拍トレーニング製品をリリースするポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社の睡眠データから分かっています。

記事を読む:日本人の睡眠時間、やっぱり短かった!睡眠の質も28か国中25位という結果に

 日本人自体もその自覚はあるようで、朝起きたときからすでに眠いという話はよくSNSなどでも見かけます。しかし、多くの人は睡眠不足の自覚がありつつ、対策をしていないようです。

記事を読む:「朝から眠い…」約8割が睡眠不足を自覚、でもほとんど対策はしていない!

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード