• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • ニュース
  • アスリート向けSNS「Strava」が大型アップデート。アクティビティ表示をカスタム、Apple Watchとダイレクトでデータ同期可能に

アスリート向けSNS「Strava」が大型アップデート。アクティビティ表示をカスタム、Apple Watchとダイレクトでデータ同期可能に

 自身のアクティビティが簡単かつ詳細に記録できることで、アスリートに人気のSNS「Strava(ストラバ)」。このほど、大型アップデートにより、3つの新機能が利用可能になりました。おそらく「こんなの待ってた!」という方も多いのではないでしょうか。さっそく見ていきましょう。

アクティビティ表示をカスタム可能に

 まずは、フィード上で表示されるアクティビティの順序がカスタム可能になりました。

 注目アスリートのお気に入り機能が追加。「お気に入り」登録したアスリートのアクティビティは、ユーザーのフィード最上部に表示されるほか、新規投稿があったときに通知を受け取るかどうかを設定することが可能となっています。

 また、アクティビティを終了した順に表示する“時系列表示”の選択肢が追加。新規アクティビティ、コミュニケーションの多いアクティビティ、見逃した他ユーザーの結果など、利用状況に応じて最適な順番に表示が可能な「パーソナライズ」も選択することができるようになっています。

より正確なアクティビティ記録が可能に

 せっかくのアクティビティトラック機能ですが、自身、もしくは周囲で正しくないと思われる記録があった場合、気になりますよね。

 Stravaは今回、セグメントの記録を自動検出するためのアルゴリズムを改善することにより、不正確な可能性のあるアクティビティを伝えるオートフラグ機能を新搭載。正確でないと思われるアクティビティやセグメント記録は自動的にフラグされ、アプリ等で通知されるようになりました。

 一生懸命トレーニングしたのち、スマートウォッチやスマートフォンのストップボタンを押すのを忘れたまま車に乗り込んでしまって、不正確な記録が残るミスはどんなユーザーにも起こり得るもの。不正確なアクティビティは切り取ることが可能となり、より正確なアクティビティ記録ができるようになりました。

Apple Watchとダイレクトでデータ同期が可能に

 Apple Watch向けのStravaアプリがリリースされていることはありがたい限りなのですが、これまでApple Watchで記録したアクティビティをStravaで共有するには、StravaのApple Watchアプリで記録するか、有料の第三者アプリを介してApple WatchワークアウトアプリからStravaへデータを連携するという、面倒な作業がありました。

 今回はこれも改善。Apple WatchのワークアウトAppに記録されたアクティビティデータを、ダイレクトにStravaと連携することが可能となりました。ヘルスケアアプリをStravaに接続すれば、直近30日間のアクティビティが表示されるので、Stravaにインポートしたいものを選び、タイトルをつけたり、写真を追加できます。

 今や、利用者数が世界195か国以上から5,000万人以上とも言われているStrava。毎日のアクティビティ記録としても使えるうえ、ライバルと張りあいが持てるという点においても超便利。より使いやすく進化しているので、まだ使っていない方は一度チェックしてみては?

関連記事:アスリート向けSNS「Strava」登録者数が5000万人突破。アクティビティは累計30億件超え

<Text:辻村>

編集部オススメ特集

オススメ連載

ランキング

  • 最新