• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

高たんぱく・低糖質。吉野家とRIZAPがコラボした「ライザップ牛サラダ」発売へ

 牛丼を食べたい。でも、ボディメイクも気になる。そんな方にぴったりのメニューが、吉野家とRIZAP(ライザップ)のコラボにより誕生しました。「ライザップ牛サラダ」が、5月9日(木)から吉野家店舗にて販売されます。

牛丼の具+野菜。ご飯の代わりにサラダ

 「ライザップ牛サラダ」は、吉野家の牛丼の具を、ご飯でなくサラダとともに楽しむ新感覚メニューです。

 吉野家の牛丼の具を、ご飯以外の食材と一緒に提供するのは今回が初。今回のメニューは、注文されてから丼にたっぷりのサラダと熱々の肉、玉ねぎが盛り付けられています。サラダ部分は、スチームした鶏もも肉と茹でたブロッコリー、ミックスビーンズ、キャベツとレタスの生野菜サラダ、半熟玉子の合計6種類の食材で構成されています。

 1食で、1日の野菜量の3分の1を摂取することができる点はうれしいポイント。味つけには、個包装の和風醤油ドレッシングがつきます。

ボディメイクにぴったりな"高たんぱく質、低糖質"メニュー

 RIZAP監修の「ライザップ牛サラダ」は、1食300g超のボリュームながら、牛肉・鶏肉・豆・玉子・野菜をバランスよく配合。満足感と満腹感が得られるだけでなく、RIZAP公認の“高たんぱく質、低糖質”な内容となっており、ボディメイク中の食事としてぴったりな商品に仕上がっています。

 ボディメイクに考慮しつつ、"ガッツリ"メニューを食べたい。そんなあなたは、「ライザップ牛サラダ」をチェックしてみては? 価格は税込540円、5月9日(木)10時から全国の吉野家店舗で販売を開始します。

関連記事:【実食レポ】吉野家×RIZAP初コラボはなぜ誕生?高たんぱく低糖質「ライザップ牛サラダ」の筋肉メシ具合がすばらしい

【ライザップ牛サラダの1食あたりの栄養価(推定値)】
カロリー 430kcal
たんぱく質 30g
脂質 27g
糖質 12.2g
食塩相当量 2.0g

<Text:辻村>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード